医師と医局の関係とは

医師に関して知るべきこと

医師にとっての医局のメリットとは

医師になるためには、医学部を卒業し国家試験に合格し免許を取得しなければなりません。免許を取得すれば医者として仕事をすることができますが、すぐに手術や患者の診断ができるはずもありません。そのため研修医として修業をしなくてはなりません。修行する場所としては、まず自分の卒業した大学の希望する科目に属します。この各科目を医局と呼びます。ここは実際の医療だけでなく、研究や教育、医師の人事などをつかさどる組織となっています。実は市中の病院のほとんどがこのような組織と結びついていて、その病院のある科の医者は同じ大学のOBで構成されていて、新しい人事も大学から人材供給を受けるという仕組みになっているのです。医局に属する医師のメリットとしては、就職先を確保できることや、大きな研究や臨床に携わることができること、医学博士としての学位を取得できるということがあげられます。関連病院としても、安定した人材を確保できるというメリットがあります。

医師と医局についてとは

医局とは、一時、これは政治問題にもなったほど、権力などが大きいものとされており、昔から有名な言葉であり、医局は、権力争いの元となっている、このようなほどにも言われています。例えば、どこの大学を出たのか?で派閥などが出来ており、現在では政府の指導と方針、及び命令で無くなりましたが、医師が医学部を卒業した後に、どこの病院に勤務をするのか?どこの病院に行くかを決めるのは、医局の存在でした。しかしこの結果から、医師不足がある病院と、お医者さんが有り余ってしまった現象が起きてしまい、およそ10年ほど前に、社会問題として、このようなことはなくなりました。そのため、現在では、このような権力に振り回されることがなく、医学部を卒業した後には、研修医は好きな病院を選び、勤務をすることが出来ます。上記の問題は、漫画やテレビで、またドラマなどで、また有名な漫画で暴露され、社会的問題となったため、改善が行われたものです。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師に関して知るべきこと. All rights reserved.